読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StatModeling Memorandum

StanとRとPythonでベイズ統計モデリングします. たまに書評.

Stanのマニュアル日本語訳プロジェクト

現在、有志でStan 2.9.0のマニュアルを翻訳しています。

まったり進行ですが、すでに日本語訳も95ページほどとなっており、言語仕様や関数のリファレンスなどを除けば5~6割ぐらいに達していると思います。

翻訳の稼ぎ頭(?)は最近出版された「BUGSで学ぶ階層モデリング入門」の翻訳でも知られる伊東宏樹さんです。仕事が超早いです。

BUGSで学ぶ階層モデリング入門: 個体群のベイズ解析

BUGSで学ぶ階層モデリング入門: 個体群のベイズ解析

翻訳もレビューも人員不足ですので絶賛募集中です。今はどちらかというとレビューの人が不足気味なので、僕はStanコードがある章のレビューに徹しています。レビューでは全文見なおしているので原著10ページあたりおおよそ3~5時間ぐらい使いますが、翻訳と比べると5倍ぐらい短い印象です。近いうち様子を見て翻訳にも加わる予定です。

なお、公式のRStanのページの日本語訳もあります。インストール方法や動かすまでが少し詳しく載っています。

Stanをはじめたばかりの人は、現状では瓜生さんの資料と津田さんの資料を見て、まず簡単なデータでモデリングしてみるのがよいでしょう。

その後、マニュアルの4章や6章前半を読むのがおすすめです。それ以降の章はStan経験者もうなるような凝った例題が多いです。訳していてもレビューしていても勉強になります。加わりたい方は宛てにメンションかDMをくださればと思います。